Daily Conversation

It’s a two-way street. の意味と使い方

two-way street

It’s a two-way street. の意味

お互い様。持ちつ持たれつ。

 

It’s a two-way street. の使い方

Friends シーズン10-9より、

ジョーイは女性と食事中ですが、何が何でも自分の食べ物(クラム)を相手に渡そうとしません。

しかしジョーイは女性の美味しそうなチョコレートケーキを見て、自分も味見をしようと女性のケーキに手を伸ばします。

そのときの女性のセリフ。

If I can’t have your clams, you can’t have my dessert. This is a two-way street.

あなたがクラムをくれないなら、私のデザートは食べちゃダメ。お互い様でしょう

 

It’s (This is) a two-way street. という表現は、

『一方通行ではなく、相互関係がある』状況の時に使われます。

ジョーイが食べ物をシェアしてくれないのにジョーイは他の人のものをもらっていたら一方通行であり、a two-way streetの状態ではなくなります。

ジョーイがシェアしないなら、相手もシェアしない』という状況は相互関係があります。この場合にa two-way streetが使えます。

 

 

その他例文:

Communication is a two-way street.

コミュニケーションは相互関係があります(相手がいて成り立つ)