Soak Up English
英語は世界を広げてくれる
英語学習

“I saw it coming.” の意味と使い方

“I saw it coming”の意味

こうなることはわかっていた。

やっぱり。

 

“I saw it coming”の使い方

フルハウス8-12より、

DJは恋人のバイパーに突然別れ話をされてしまったことを話しています。

DJ: Viper just broke up with me. I feel awful. I never even saw it coming.

「バイパーに振られちゃった。最悪な気分。こんなことになると思ってさえなかった。」

 

もしDJがバイパーと別れそうな予感がしていて、実際にバイパーに別れ話をされたのであれば、“I saw it coming.”(こんな気がしていたんだ。やっぱりね。)というセリフになったでしょう。

上のセリフでは別れ話は寝耳に水だったため、否定のneverを使って”I never saw it coming.”(こんなことになるなんて思ってなかった)となり、

さらに意外さを強調するためにevenが加えられ”I never even saw it coming.”(こんなことになるなんてさえ考えてなかった)と言っています。

 

こちらの動画でも”I saw it coming”の使い方を見てみましょう。

本のレビューをしている動画です。

I did like ending because it was very satisfying. I saw it coming, but I’m glad that it ended that way.

「満足する終わり方でしたよ。予想はできましたけど、ああいう終わり方でよかったです」

本を読んでいて、大体結末が予想できたのでしょう。そんな時に”I saw it coming”(こうなるとわかっていた)を使っています。

 

「そう来たか」「それは考えてみなかった」と言いたいときは先ほどの”I never saw it coming.”でもいいですが、“I didn’t see that coming.”の方がよく使われるかと思います。