日常会話

“stand someone up” と”ghost someone” の意味と使い方

ghost

“stand someone up”の意味

すっぽかす

“stand someone up”の使い方

『フラーハウス』シーズン3エピソード16より

高校生のジャクソンの友達、マンカウスキーはジャクソンの母親であるDJに好意を寄せています。(念のため、フラーハウスはコメディです)

学校のホームカミングパーティーに参加するのに、マンカウスキーはDJを誘います。

DJはもちろん本気にしておらず、パーティーには姿を現しません。怒ったマンカウスキーが言ったセリフが以下です。

Your mom stood me up. She didn’t even call me to cancel. We are through.

(訳)君のお母さんにすっぽかされた。断りの電話もなかったよ。僕たちはもう終わりだ。

“stand someone up”は、このように約束をすっぽかされた時に使います。

 

“ghost someone”の使い方

似たような表現に“ghost someone”があります。

『フラーハウス』シーズン4エピソード4より

高校生のラモーナは、仲良くなった女子グループとハンバーガー屋さんで待ち合わせの約束をしました。しかし、待っていても女の子たちは現れません。

自分が「ハブられた」と気づいたラモーナは落ち込んで帰宅し、母親のキミーとステファニーと話しています。

ラモーナ: Sienna and her friends ghosted me. シエナたちにハブられた。

キミー: They ghosted you? What does that mean? “ghosted”されたって?どういう意味?

ステファニー: “Ghosted” means that they stood her up. “ghosted”っていうのはすっぽかされたってことだよ。

キミーはghostedの意味がわかっていなかったようで、ステファニーが「”ghost”は『すっぽかす』っていう意味だよ」と教えています。

 

この会話から分かるように、

“ghost someone”

は先ほどの“stand someone up”と同じように「すっぽかす」、「ハブる」という意味で使われています。

 

ニュアンスの違い

“stand someone up”は「その場に現れない」「すっぽかす」とすると、

“ghost”は「メールや携帯のメッセージなどの返信をしなくなる」時に使われることが多いようです。

 

ただ、今回のフラーハウスの会話例でもあるように、”ghost”も「待ち合わせをすっぽかされた」という意味で使われていますので、そこまで気にせずほぼ同じ意味として使っていいと思います。