日常会話

“You got it.”の意味と使い方

“You got it.”の意味

わかりました。承知しました。

“You got it.”の使い方

Netflix『チェサピーク海岸』シーズン5-3、コナーとその上司のボスの会話より。

ボブ: Please call me Bob. ボブと呼んでくれて構わないよ。

コナー: You got it. 承知しました。

コナーがまだボブのことを”sir”(目上の人に使う敬称)で呼んでいたため、名前で呼ぶように言われたのに対して、コナーは”You got it.”と言っています。

これは相手の頼み事などに対して「承知しました」と返すときの言い方です。

 

“I got it.”という表現も「わかった」という意味ですが、こちらは相手の言ったことを理解した時に使います。

A: Do you understand what I’m saying? 私の言ってることわかってる?

B: Yeah, I got it. わかってるよ。