Life

漫画から学んだこと

漫画から学んだこと

ウェブ上で漫画が読めるような時代になってから、ついマンガを買ってしまうようになりました。

少女マンガってこの歳になってもハマれるものですね。

漫画を読んでいて特に面白いのは、大人になった今でもハッとさせられたり人生について考えさせられる言葉に出会った時です。

自分が心に残った漫画のフレーズを紹介します。

ハツ*ハル

藤沢志月さん『ハツ*ハル』より引用。

人類はリンゴが落ちない宇宙へも行けないし 時間もまき戻せない でも「今」より先の未来は 全て「今」からする行動で決めることができる

アドラー心理学の考えと似ているかなと思いました。過去の出来事は関係なく、「今」この瞬間から人は変わることができる。という考え方です。

『嫌われる勇気』という本を読んでいたので、そんな風に勝手に思いました。

ハツ*ハルには他にも哲学的な考え方、科学的な考え方が所々に出てきて楽しく読めました。

ebookさんのサイトからも購入できます→ ハツ*ハル

妖しのセレス

渡瀬悠宇さん『妖しのセレス』より引用。

「、、、つらい時は頼っちゃえばいい 甘えちゃえ、、、それで頑張れるんならいいよ 今度は、、、自分が誰かに何かしてやれる人になりゃいい」

人に頼るのが苦手な私ですが、誰かに頼ってもいいんだと思えました。

そして人にお世話になったら「申し訳ないな」と思うのではなく「その分、自分も誰かに返していこう」と思える言葉でした。

ebookさんのサイトから購入もできます→ 妖しのセレス

らせつの花

潮見知佳さん『らせつの花』を読んで、「本当に人を想うこととは」ということを学ばせてもらいました。

心に残るフレーズが色々あるため引用はあえてしませんが、『人を想うこと』とは「自分の我を押し付けるのではなく、相手をそのまま受け入れること。相手の幸せを願うこと。優しさをもらったら、人に返していくこと。」そんなことを考えさせられました。

ラストは涙なしには見られませんでした。

ちなみにこちらシリーズ物となっており、『ゆららの月』『らせつの花』『ゆめの守人』の順に読むと話がよりわかりやすいです。どのシリーズも、人を想うことの大切さを考えさせられます。

除霊の話ですが、怪談話が非常に苦手な私でも特に怖くなく読めました。

ebookさんのサイトからも購入できます。→ゆららの月 らせつの花  ゆめの守人

ふしぎ遊戯 玄武開伝

渡瀬悠宇さんの『ふしぎ遊戯 玄武開伝』より引用。

毎日毎日たくさんの生命が還ってくる 今この国では特に、、、無益な争いによってだ いつかは皆 等しく死を迎えるというに、、、なぜそなたら人間はー

代わり映えのしない毎日を過ごしていると、自分の人生がいつか終わることに気が付かなくなり、周りの人に優しくなれないこともあります。

そんな時に「人はいつか死ぬ。それまでによりよく生きられるようにしよう」と戒められる言葉です。

余談ですが『ふしぎ遊戯』はシリーズとして3つあり、『ふしぎ遊戯』→『ふしぎ遊戯 玄武開伝』→『ふしぎ遊戯 白虎仙記』の順に発売されています。

時代の流れ的には『ふしぎ遊戯 玄武開伝』→『ふしぎ遊戯 白虎仙記』→『ふしぎ遊戯』の順になっています。私は発売順に読みましたが、時代順に読むのも面白かったかもしれません。(ただし『ふしぎ遊戯 白虎仙記』は2021年12月現在、まだ完結していません)

ebookさんのサイトからも購入できます→ ふしぎ遊戯 ふしぎ遊戯 玄武開伝
ふしぎ遊戯 白虎仙記

華の姫 茶々ものがたり

わたなべ志穂さん『華の姫 茶々ものがたり』より引用です。

「この唄の意味はね 人は必ず死ぬ 生きている間に何ができるのか」

こちらも、「いつか終わりが来る」ということをつい忘れて日々過ごしてしまっている時に気づかされる言葉です。

私は特に離れて暮らしている両親のことをよく考えます。つい家族で近しい間柄だと、扱いがぞんざいになってしまうことがあります。しかし彼らの人生も後もうあまり長くはない。別れが来た時に後悔しないよう大事にしていこう、と思います。

ebookさんのサイトからも購入できます→ 華の姫 茶々ものがたり

 

スポンサーリンク | 【Renta!】2020年上半期レンタルアワード発表!

 

甘くない彼らの日常は。

野切耀子さん『甘くない彼らの日常は。』より引用。

知識が増えれば選択肢も増えるし 今は見えないものも見えるようになる 世界を広げられるから

主人公の女の子は貧しい家庭で育ち、大学進学を諦めようとしていた時に母親にかけてもらったという言葉です。高校生くらいの時に聞きたかった言葉です。

昔って勉強が嫌だったけど、大人になった今は「当時もっと勉強しておけばよかった」と後悔するばかりですね。勉強するほど、世界が広がる感覚が今になってわかってきました。

勉強しないで物事を知らないと、他人に決められた人生になってしまうというのもつくづく感じる次第です。

ただ今からでも色々学べることはあるし、今だからこそ心に響くこともたくさんあると思っています。まさに先ほど引用した言葉のように、今より先の未来を「今」からする行動で変えていきたいと思ったりしています。

ebookさんのサイトからも購入できます→  甘くない彼らの日常は。