Soak Up English
英語は世界を広げてくれる
人生色々

花粉対策は早めに

2月頃から花粉が気になってくる人も多いのではないでしょうか。

職場の人は花粉症対策として、12月頃から甜茶のサプリを飲み始めるそうです。

花粉症が始まってから飲み始めても遅いそうです。

私も早めに対策して乗り切りたいと思っています。

ちなみに花粉症は英語で”hay fever“(ヘイ・フィーバー)と言います。

ハーブティー

対策の一つは、ハーブティーを飲むことです。

今の時期、寒いですので体を温めるにも丁度良いので私はハーブティーやお茶を飲むことが多いです。

鼻のムズムズを少しでも快適にしたい。そんな時に以下がおすすめです。

甜茶

甜茶にはルブソシドという天然の甘味成分が入っており、甘味が特徴のお茶です。

といってもカロリーはほぼないと言われています。

ノンカフェインなので夜でも飲めるのが嬉しいです。

私は面倒くさがりなので、ティーバッグになっているものを選んでいます。

小川生薬さんの甜茶は無漂白のティーバッグを使っていて、農薬検査も行っているため安心して飲むことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポスト投函便送料無料】 小川生薬 甜茶 3g×30袋 無漂白ティーバッグ
価格:1296円(税込、送料無料) (2022/1/16時点)

楽天で購入

 

 

お茶を飲めなかった時などは、ポイっと口に入れられるサプリを飲んでいます。

こちらは甜茶+じゃばら(邪払)で季節の変わり目の強い味方です。

 

べにふうき

べにふうきも春先のムズムズ対策として注目されていますよね。

私はべにふうきも甜茶もほぼ毎日飲んでいます。

下は駒井園さんのべにふうき粉末です。

ティーバッグのお茶でもいいのですが、お茶の成分の7割が茶葉に残ってしまうそうなので、成分を余すことなく摂取するために私は粉末を選んでいます。

有機認定されているのでとても安心です。

カフェインは若干含まれています(1杯分(0.5g)に10mgほど)。

 

ネトル

あまり日本では有名でないかもしれませんが、ネトルも目や鼻の不快感の緩和に選ばれることの多いハーブです。

下図のようにギザギザの葉が特徴の植物です。

nettle

国内では『生活の木』の有機ネトルがいちばん手に入りやすいかと思います。

こちらはティーバッグで10袋入り。味が好みかお試しにもいいと思います。

飲み続けたい方は30袋入りなどもあります。

私はネトルがそんなに好きではないので、サプリで取ることもあります。

iherb

というサイトで『ネトル』と検索すると、

『Nature’s Way, イラクサの葉、870mg、ヴィーガンカプセル100粒』とか

『Solaray, 有機栽培セイヨウイラクサ、450mg、ベジカプセル100粒』

がそうです。(ネトルは和名で『セイヨウイラクサ』と言います)

『イラクサの根』とか『Nettle Root』と書いてあるものは違います。

花粉対策などで使われるのは、ネトルのです。

根の部分はまた違う目的(男性の健康サポートなど)で使われていまして、花粉に時期のムズムズにはあまり関係ないのでご注意ください。

ブレンドティー

ネトルや甜茶などがブレンドされた、ハーブティーもあります。

『生活の木 私の30日茶 ハッピーノーズブレンド』です。

ペパーミントのスーッとした爽快感も感じられるハーブティーです。

 

毎日続けることが大事なので、自分の気に入ったものを継続して取り続けられるといいですね。