英語学習のヒント

オンライン英会話の選び方と活用法

practice

オンライン英会話は今や選びきれないくらい存在し、どれがいいのか選びきれなくなってきていますね。

また、闇雲にレッスンを受けていてもなかなか上達しない。

「こんなに頑張っているのに、なぜ?」

と思ってやめてしまう人もいると思います。

 

私も数多くのオンライン英会話の無料体験や実際にお金を払って受講をしてきた結果、2つのオンライン英会話サイトに落ち着きました。

また、とあるオンライン英会話で100回以上レッスンを受けてきましたがその中で

「あ、こうやってレッスンを受けたら効果的だな」

と感じたことがありますのでシェアしたいと思います。

 

個人的な感想ではなりますが、参考になると幸いです。

 

オンライン英会話はどこがいい??

色々ありすぎて、正直どこがいいのって感じですよね。

こればかりは、自分に合ったものを選ぶしかありません。

 

ほとんどのオンライン英会話が無料体験などをしていますから、そちらにまずは申し込んで見るといいと思います。

 

私が個人的にずっと続けているのは、

オンライン英会話【エイゴックス】
(クリックするとサイトに飛びます)

【Cambly(キャンブリー)】
(クリックするとサイトに飛びます)

の二つです。

 

eigoxのいいところ

eigox(エイゴックス)は

・日本人講師

・フィリピン人講師

・ネイティブ講師

が在籍しています。

これは結構珍しいと思います。

 

何がいいかというと、使い分けできるのです。

 

・「この表現ってなんていうんだろう?」というのがわからない時は日本人講師。

・回数をこなして会話に慣れたい、と思った時は価格の安いフィリピン人講師。

・本場の英語に触れたいと思ったら、ネイティブ講師。

 

私はこんな風に使い分けしていました。

 

特に初心者の方は、日本人講師から受けてみるといいと思います。

 

オススメのやり方は、まず自分の話したいフレーズを考えることです。

 

例えば、講師と会話している場面を想像してみます。

講師から、 “Do you like your job?” (仕事は好き?)

と聞かれたとしましょう。

 

そうしたら例えば、

「好きってほどじゃないけど、たまに楽しいと思うときもあります。」

とか

「あまり好きじゃないです。残業も多いし、上司は頼りにならないし、、」

とか日本語でなら回答が思いつきますよね。

でも、英語でなんて言ったらいいかわからないですよね。

 

そんなときには日本人講師にズバリ日本語で質問してみましょう。

これが最も早いです。

ネットで検索しても、答えが見つかるとは限らないし、合っているかもわからないからです。

 

わからないものは、もう聞いちゃえば早いんです。私はそう思います。

 

なのでいくつかあらかじめ聞きたいことを整理しておくといいと思います。

 

そして肝心なのは、

復習

です。習ったことは必ず覚えられるよう復習しましょう。

 

慣れてきたら、フィリピン人講師やネイティブ講師に挑戦してみる、と言った形をオススメします。

 

 

Camblyのいいところ

Cambly(キャンブリー)においては、ネイティブ講師のみ在籍しています。

そして、世界各国から受講生がレッスンを受けています。

 

これが何を意味するか?

 

日本人の英語に慣れていない講師が存在する

のです。

 

初めての講師の人と会うと、ほぼ必ず

“Where are you from?”と出身国を聞いてきます。

 

Eigoxや他のオンライン英会話ではこのやりとりがなかったので

最初とても新鮮でした。

 

ほとんどの日本のオンライン英会話は、日本人の英語に慣れています。

講師の方も受講生は皆、日本人だとわかっています。

なのでレッスンの最初にも「どこの国の出身ですか?」と聞かれることはありません。

日本人が英会話をしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

Camblyはその点で、

初心者にはオススメしません。

 

ある程度英会話に慣れてきた人にオススメします。

全く初心者だと、挫折する可能性が高いです。

 

 

また、Camblyの特徴として、レッスン動画が録画されています。

なので、復習がしやすいです。

 

復習は本当に大事。

 

レッスンを受けただけで満足してしまうことがよく私もあったのですが、

それだと結局上達しません。

 

「さっきのレッスンの時言おうとして、言えなかったことなんだったっけ??」

というのを調べて、覚えて、次に同じ会話になったときに頭の中からサッと取り出せるようにできたら無敵です。

 

ただし、最初は本当にレッスン動画を見るのが恥ずかしいです。

「変な発音してるな〜」

「なんでこんな単純な文章も言えないんだろう?」

「自分、瞬きしすぎてキモい」

とか。

自分の変な癖に気づくこともできますので、とてもいいと思います、、

 

オンライン英会話の活用法

とにかく、復習

まさに今書いたことですが、

レッスンをやりっぱなしにしない

ということです。

 

レッスンを毎日闇雲に受けても意味がない、と私は思っています。

毎日受けるよりも、週3日、いや週1回でもいいんです。

受けたレッスンを復習する方が大事です。

 

一度のレッスンで、一つでもいいんです。

何か、学びを得ること。

あの時、こう言いたかったのに言えなかったな

ということを覚えておく。

レッスンが終わったら調べる。

そしたら一個身につくんです。

 

道のりが長いですが、その繰り返しをする以外に上達の道はないと考えています。

 

さっきのレッスンで、

「ぼーっとしてた」

って言いたかったんだけど、言えなかったな

と思ったら、検索しましょう。

そうしたら、space out っていうのを使えばいいんだ。

とかがわかるんですね。

 

で、私はすぐ忘れるので、メモします。

私はエクセルか紙のノートにメモしています。

iphoneのメモアプリでもなんでもいいと思います。

 

また次の英会話レッスンで「ぼーっとしていた」って言いたかったとするんですが、

「あれ?なんだっけ?」

「あの時せっかく覚えたのに!」

「なんて自分はバカなんだ」

となるわけです。

 

でもそれは普通です。またメモ見返したらいいんです。

私なんて、何回も見直して見直して覚えますから。。

 

トピックを決めて、文章を考えておく

例えばよくあるトピック。

「映画」

についてフリートークしようと決めるわけです。

そうしたら、

「自分の好きな映画は何かな?」

「最近見た映画について聞かれたら、なんて答える?」

とあらかじめ考えておきます。

 

そうしていると、例えば『ワイルド・スピード』が好きだったら

「あれ、ワイルド・スピードって英語で”Fast&Furious”って言うのか! “Wild Speed”じゃ通じないんだな!」

とかわかってきます。

 

「最近〇〇という映画を見たんだけど、つまらなくて途中で帰っちゃった」

と言いたいけど、

「途中で帰る」

って何ていえばいい??

「あぁ、”walk out”を使えばしっくりくるな」

と言うのが徐々に身についてくるはずです。

 

それを実際のレッスンで使えなかったとしてもいいんです。

考えた英文をまた次、いつ映画の話題になるかわかりませんから、その時に備えておいたら良いのです。

自分の英文に自信がなければ、オンライン英会話の日本人講師の人に日本語で良いので

「こういったことを言いたかったんですが、この文章で合っていますか?」

「いい感じの言い回しはありますか?」

と聞いてみたらいいと思います。

 

ここで次の活用法、、

別に日本語でレッスン受けてもいい

真面目な日本人は、

「オンライン英会話では何としてでも英語で話さなければ!」

と意気込んでしまっている人が多いのではないかと思います。

 

でもわからないものは、わからないんですね。いくら考えても、、(経験済み)

もうそれなら日本人講師を選んで、日本語で聞いちゃった方が早いです。

それが、一番早い。

とはいえ自分で調べるのも大事なので、意欲を見せたければ

「調べたらこういう表現が出てきましたが、通じますか?」と質問するスタイルを取ってみるといいかと思います。

 

エイゴックスなんかはあらかじめレッスン予約する時にコメントを書く欄があるので、

「こういう表現を教えてもらいたいです」

っていうのをあらかじめ書いておくこともできます。

 

添削にかける

英文に自信がないときの確認方法として、もう二つあります。

一つは無料で使えるサイト

HiNative (クリックするとサイトに飛びます)と言うサイトです。

自分の疑問を投稿すると、答えてくれる人がいます。

ただし、必ずしも誰かが答えてくれるわけではありません。比較的簡単な質問であれば回答がつくのですが、わかりにくい質問をしたりすると回答者も困ってしまうのでしょう。

自分も回答者になることができ、日本語の質問をしている人に回答することもできます。

 

お金をかける方法であれば添削サイトを使うこともできます。

私がよく使っているのは
オンライン英語添削[アイディー]
(クリックするとリンクに飛びます)

です。

日本人かネイティブの添削者を選ぶことができるので、英文が伝わるか自信のない時は日本人の先生を選ぶといいと思います。

 

先に無料のHiNativeに聞いて、わからなかったりもっと長い文章を添削してほしいと言うときは添削サイトを使ったらいいかなと思っています。

 

 

まとめ

雑多な情報をお送りしてきましたが、

・わからないことは、日本語で聞いていい

・オンライン英会話レッスンでは相手の質問を想定して準備しておく

・復習大事にしよう

 

と言うことですね。。

ざっくりすぎますね。

 

でも、正直こうやってコツコツやるしかないと思っています。

よく聞いているだけで!英語がペラペラに!とか、ありますが絶対嘘。と個人的には思います。

 

甘くない、

けどできたら美味しい思いができる、

でもまたわからないところいっぱい出てきてしょっぱい思いする、

の繰り返し。

 

英会話のみならず言語の奥深さですね。